« 摩耶山~シェール槍 | トップページ | 「プラスチック、食べてます?」 »

『プラスチック・フリー生活 今すぐできる小さな革命』

今年5月に発行されて話題になっていた本をようやく読んだ。
P_free
「脱プラ」入門ガイド決定版、と帯にあるように、プラスチックからフリーになるための手引書である。

『プラスチック・フリー生活 今すぐできる小さな革命』
シャンタル・プラモンドン,ジェイ・シンハ 著
NHK出版 刊
2019年5月 初版発行

日常生活にはプラスチック製品があふれかえっている。プラスチックをすべて排除することはどう考えても不可能に思える。だが、原料である石油資源は有限であり、いつかはなくなる。生産されたプラスチックは、再利用が奨励されているけれど、リサイクル率は低い。ごみとして収集されればまだしも、意図的かどうかはべつにして、風に飛ばされたりしたプラごみが大量に河川や海に流れ込んでいる。これらが、紫外線や波の影響で微細な粒になった「マイクロプラスチック」が最近話題だ。
これらは、海洋生物が飲み込み、食物連鎖によってヒトが食べる魚などにも蓄積されていく。好むと好まざるにかかわらず、我々もマイクロプラスチックを摂取させられている。
「プラスチックなんて口に入ったところで消化しないのだから、排せつするだけやろ」と思ってけど、本書を読むと、そんな単純なことではないということがわかる。
プラスチックは、製造過程でいろいろな添加剤が使われており、身体に有害なものも少なくない。その上、微細な粒になって漂ううちに、いろいろな化学物質を吸着する性質を持っているため、汚染物質が濃縮されるような状態になることもあるらしい。その中には、内分泌撹乱物質も含まれていることがあり、 危険性が高いことから使用禁止となった「PCB」のような化学物質も、分解されずに環境中に残留しているので、それらを吸着して高濃度になっている可能性もある。

「えさと間違えてレジ袋食べて死んじゃったウミガメかわいそう」…だけじゃなかった。ヒトも、汚染されてかわいそう、になりかねないのである。

でも、何から何までプラスチックが使われているような暮らし、今すぐ変えることなんてできないし、どうしようもなくない?と、思考停止してしまいそうになるけど、とりあえず、小さな一歩でもいいから、できることから取り組もう。
「すべてなくす」はすぐには無理でも「減らす」はできるはず。
すでに取り組んでることもある。レジ袋をもらわない。ペットボトルは買わない。100均ショップで簡単に壊れるようなモノを買わない。
すでに持ってる製品は、寿命をまっとうするまで大事に使う。今後買うモノは、可能ならプラじゃないものを選択する。
ひとつずつ、コツコツと。

1枚のレジ袋から、数千個のマイクロプラスチックができるそう。
そして日本は、容器包装プラスチックの消費量が世界第二位。

過剰包装にノーと言う。プラ容器に入ったお惣菜を買わない。ストローを使わない。
タピオカの容器の統一より、使い捨てプラカップの削減をこそ議員には考えてほしい。

アメリカ・サンフランシスコでは、2014年にペットボトルで飲料を販売することが禁止された。サンフランシスコ国際空港では、プラスチックボトル入りの水の販売は禁止、今後は炭酸飲料やジュースも対象にする計画あり。
フランスでは、プラスチック製の使い捨て容器や食器を禁止する法律が可決されて、2020年から施行される。
インドでは、2022年までに使い捨てプラスチック用品を廃止することを発表。それに先立ち、マハトマ・ガンジーの誕生日である来月10月2日から、ポリ袋、プラスチック製カップ、ストローなどの6種類を使用禁止に。 
これらの国々に二ホンも続いてほしいけど… 
 

|

« 摩耶山~シェール槍 | トップページ | 「プラスチック、食べてます?」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 摩耶山~シェール槍 | トップページ | 「プラスチック、食べてます?」 »