« ガベの城-観音山 | トップページ | 引きこもり→ちょい畑 »

10月の六甲山大学ミントサロン「世界に類を見ない六甲山」

あっちとこっちでちょっとうろうろして、六甲山大学ミントサロンへ。
Dsc07752
10月のミントサロン「世界に類を見ない六甲山」を受講。今年7月、オープン当日に行ってみた六甲山サイレンスリゾートのオーナー、八光自動車工業株式会社 代表取締役社長、池田淳八さんがゲストスピーカー。

2012年10月に私がお話をさせていただいた『とっておきの六甲山』が初回で、今月でちょうど6年目、51回目だそう。極にゃみ的には、ずっと皆勤賞だったのだが、途中やむを得ない事情で来れない回が出て、でもたぶん来てないのは3回くらいではないかと。なんなら運営スタッフより参加率高いかも?

今回は、阪急阪神ホールディングスから旧六甲山ホテルを買い取って、六甲山サイレンスリゾートとして新規スタート。本館も、大きくスタイルを変えて建て直すそう。今後の構想と共に、リゾート地としての六甲山の問題点をたくさん指摘されていた。
・山上への交通アクセスがない。
・クルマで神戸に向かっても、阪神高速が大渋滞
・山上のライフラインに問題あり。水道代が高すぎる
・通信の近代化が必要。携帯圏外では話にならない
・廃墟がそのままになっているのを解体すべき
…などなど。役所関係の方も若干来られていたけど、なかなか身につまされたのではないだろうか。

けど、まぁ、山上へのバスは阪急バスが実質的に撤退(朝夕一便のみ)してるけど、ケーブルはあるしなー。

ライフラインと言えば、上水道に関しては、六甲山観光さんだと、水洗トイレには中水を使うとか、手洗いの水には天水を使うとかされてるから、きっとホントに高いんだろうな。でも、下水道が整備されてないことの方を先に何とかしてほしい。

通信に関してはホント、カジュアルにあちこちで電波状態は悪い。光ファイバーはもうすぐ、と聞いてるけど。
暴走族の問題にも言及しておられた。こんなリゾートはあり得ない、と。

講演内容を一言で言えば「六甲山をいつまで放置しているのか」という感じだろうか。
建隆マネジメントの頴川社長も来られてたけど、どんなご感想だったか聞きたかった。

ちなみに、1月30日のミントサロンには、布引・おんたき茶屋の山口公子さんがご登壇されます。お楽しみに。

|

« ガベの城-観音山 | トップページ | 引きこもり→ちょい畑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガベの城-観音山 | トップページ | 引きこもり→ちょい畑 »