« 奈良・高取山城址 | トップページ | 「ザ・ナイトミュージアム~夜の芸術散歩~」 »

「安全登山のための講習」@セルロイド会館

大阪府山岳連盟遭難対策委員会からの講師派遣でやまゆき会さんの講習会へ。
Dsc08324
会場は、岳連事務所がある今里のセルロイド会館。なかなかのレトロビル。

インドア講習会にはもったいない好天だが、やむを得ない。朝8時集合で、田中理事と二人直前打ち合わせ。
Dsc08325 Dsc08333 Dsc08340
午後には消防による救命講習を予定されているということなので、「山の救急法」の初歩的な部分だけに特化した内容にした。アウトドア特有の環境要因や、119番call→7分で救急車、ではないこと。自分と自分のパーティの安全を優先し、絶対に二次遭難を起こさないこと… 。あとは実技の簡単なものをいくつか。三角巾の使い方、固定法、手持ちの装備をどう活用するか、などなど。

「できることとできないこと」の見極めはホントに大事で、「危険を顧みず」救助するというのは、成功すれば美談になるかもしれないが、無理なレスキューで事故者をさらに危険にさらすとか、救助者側にけが人が出たりすると、よけいに事故を拡大することになる(プロですら時時折事故を起こす)。
そうなれば、結果的に救助隊や消防の救急隊のオシゴトを増やすことになって、元々の遭難者が早く救助される妨げともなりかねないので、ヒロイズムはちょっと横へ置いておいて、冷静な判断が必要なところ(まぁ自分のパーティのメンバーだったら、無理でもなんとかしようとしてしまうだろうとは思うが)。

また、善意の救急救命行為で、もしも “なにか” あったとしても、法的に責任を問われることは通常ないそうだ(よほどの瑕疵があれば別なのかもしれないが)。
アメリカでは、すべての州で「善きサマリア人の法」が制定されていて、自発的に他人を救助しようとした善意の行為に対しては、結果的に傷病者のためにならなくても、その責任を免ずることになっており、一般市民による救命活動が推進されているとか。

日本でもこれに相当する法律が民法、刑法にあるそう。また、「一次救命および応急処置は医療行為ではない」と規定もされているらしい。
いざというときに備えて、「できること」を少しでも広げておくというのは、“善き山人のお作法”ではないかと、極にゃみ的には思っている。

|

« 奈良・高取山城址 | トップページ | 「ザ・ナイトミュージアム~夜の芸術散歩~」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奈良・高取山城址 | トップページ | 「ザ・ナイトミュージアム~夜の芸術散歩~」 »