« 12月10日の畑 | トップページ | 鍋蓋山その2 »

町家猫喫茶「うたねこ堂」

引きこもりを脱し(終わってないが)、ちと京都へ。
Dsc09552
ココが主目的ではないんだけど、ちょっと寄り道タイム… 

★町家猫喫茶 うたねこ堂…ココ!

築100年超えの町家を改装した建物で「猫カフェ併設の純喫茶」。

Dsc09553
入り口からネコだらけ。
Dsc09570
“柄じゃない” “キャラが違う” …非難轟々となりそうな画像ではある。

極にゃみ的には、かつてワンコと暮らしてたことはある(柴犬のコロちゃんと、ハスキーのさくらさん)が、ニャンコと暮らしたことはない。だが、ツナ店長とは仲良しだった。が、そのツナちゃんがいなくなって寂しかった。
で、ロクスケローレルに“保護猫活動”なるものがあることを教えてもらった。ネコさんと暮らす将来は考えにくいが(あまり丁寧に面倒を見てあげられる気がしない)、保護活動に関心を持つことくらいはできるかなと。
コチラの猫カフェは、単に猫と触れ合えるってだけじゃなく、ネコさんをとても大切にしてるし、保護活動にも多少は関わっておられるので。(つか、猫カフェデビューだ)
Dsc09599 Dsc09596 Dsc09591
ココの猫さんたちは、とてものびのびと自由な感じで暮らしてて、気が向いたら遊んでくれる。店長の“うた”さんはまったく見向きもしてくれなかったが(手を出すと猫パンチを食らうらしい)、榮太郎さん(白黒の子)と、銀次郎さん(トラ)が遊んでくれた。 久々に猫さんなでなでして、少し癒された。

だが… 猫さんゾーンに入るとき、手足を消毒されるのだが、足の裏に次亜塩素酸ナトリウム液をスプレーされた後に気づいた… 靴下に、穴が開いてたことに。orz

極にゃみ的には、じつは軽い猫アレルギーなのだが… 今日は発症しなかった。日によるのか、猫によるのか…?(完治したのかも)

|

« 12月10日の畑 | トップページ | 鍋蓋山その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月10日の畑 | トップページ | 鍋蓋山その2 »