« ちょっと早い来月の仕込みへ… | トップページ | 百丈岩周辺へ »

「ロッジ大阪店」が移転、リニューアルオープン

長年お世話になってきた登山用具店が、移転リニューアル。
Dsc09921_20191214194901
なんとそれが、大阪駅前第二ビル1Fの、石井スポーツがあった場所なので不思議な感じがする。

Img00123_20191214220401 Img00125_20191214220401
第四ビルの2階にあった旧店舗に比べると、売り場面積も広くなり、何と言っても1Fなので、通りすがりの人も入ってきてくれる?かな。前の店は、ドン詰まり感がけっこうあって、知らない人は入りにくかったかも。

極にゃみ的には、山道具は、信頼できるお店(実店舗)で買うべきだと思ってる。(絶対に)ネット通販で買うものではない。
なぜなら、きちんと説明を聞いて、納得して買わないと、下手をすると命に関わるからだ。
そして、「きちんと説明」ができるお店が、自分の行動圏内にあることが大事。そういうお店がつぶれると、自分が困る。だから、自分の地域の、「ちゃんとしたお店」を大事にしないといけないと思ってる。

失敗してもどんどん買い直せる財力がある人ならネットで買ってもいいかもしれないけど、「ちゃんとしたお店の人」と顔見知りでいることは、単にモノを買うだけではなく、計り知れないメリットがあるはず。とくに、山をやる人ならば。

そしてもう一つ。巨大資本が経営する全国規模の大きなお店は、その“地域”に、べつに愛着はないから、儲からないと見たらさっさと撤退する。それはべつに構わないのだが(貨幣資本主義的には間違ってない)、大手のお店が進出して、地域の人々がそこへこぞって買い物に出かけ、元々あった地元のお店がつぶれたらどうなるか? 大手が手を引いた後には、シャッターが閉まった廃墟しか残らない。

例えば、アメリカで「ウォルマート」が進出してきて、元々地元で細々と地域の人たちを相手に商売をしていた小売店が軒並みつぶれ、その後ウォルマートが業績がイマイチってことで撤退して、後には何も残らなかった… みたいなことが、日本でも起きてませんか。
イオンができて、スタバもできて、みんな「便利になったね」「都会みたいでいいよね」って喜んでる背後で、元からあった市場がシャッター街になって、で、その後、イオンが「この地域はイマイチ儲からへんなー」と、撤退したら? 昔の市場も、喫茶店も、パン屋も、豆腐屋も、もうない。どうする…?
「地域に雇用が生まれてよかったね」と思ってたパートさんもみんな解雇され、あとにはペンペン草も生えません。

地元で根を張って頑張ってるお店をつぶしたらアカン。そう思いませんか。

そういうわけで、私はなるべく個人店でしか消費をしたくないのです。ロッジは、個人店ではないけど、個人店レベルのいいお店です。がんばってほしいと思ってます。

でも、にゃみにゃみ。だけがそんなことを思ってるわけじゃなくて、若い人たちの中に、「小商いでええから、自分のしたい仕事をして生きていく」って決意をして、商店街でもない、便利な駅前でもない場所で、ぽつんと小さなお店を出すような流れがけっこう起きてきてる。最初はパン屋やパティスリー、最近はコーヒーの自家焙煎とかで、よくそういうのを見る。ご近所さんだけが来てくれたらいいかな、みたいな。

フクモナも、BENCHiさんも、mouetteさんもその系だと思う。

【本日の歩数】30363歩

|

« ちょっと早い来月の仕込みへ… | トップページ | 百丈岩周辺へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちょっと早い来月の仕込みへ… | トップページ | 百丈岩周辺へ »