« またまたstay at home day | トップページ | 出たり引っ込んだり。またしてもstay at home day »

久々のリアルミーティング

久々に都会へおでかけ。先日ズームデビューしたのに…
Dsc07907
極にゃみ的には、4月6日から“勝手にロックダウン”してたけど、以来いろんなコトがホントに止まってて、電話もメールも「しーん」としてたのが、ようやく“落ち着いた先のこと”をそろそろ相談しなきゃということに。

とりあえず、緊急事態宣言が解除になるのがいつのことかまだわからないし、解除になったからといって「さーではイベントやりましょー、人を集めましょー」ってワケにはいかないので、数年先までを視野に入れながら、ゆるゆると進めていきましょうという話に。
Dsc07945
寄り道はあまりよろしくないのだが、せっかく遠出(?)してきたので、お気に入りのお店が気になるし、ちと覗いてみるなど。
この国は、この疫病禍においても国民を守る気が希薄っぽいので、自力で全力で感染予防対策はしますけど、「気の緩み」などと、ろくな対策もやってない大臣さまには云われたかぁありませんな。

さて今日の新型コロナウィルス関連情報。

 医師で医療経済ジャーナリスト、南日本ヘルスリサーチラボ代表・森田洋之氏の
★「緊急事態宣言・ロックダウンは効果ない!?~世界の統計グラフから見える新型コロナ肺炎対策~」が興味深い。4月8日付の記事なので、その点を考慮しつつ読まねばならないが。

 統計データを元にした考察。「感染症の専門でも統計学の専門でもなんでもない、経済学を少しかじった一介の地方在住プライマリ・ケア/総合診療医(簡単に言うと地方の町医者)ですので」と断ったうえで、面白い論考を書いておられる。

 「東アジアの死亡率が圧倒的に低いこと」に関して、BCG関与説は、当初話題になったけど、今は相関関係はなさそうという説(「新型コロナ BCGワクチン“予防効果なし” イスラエル研究G」)が今のところ主力か。

 それより、「ここから先は本当に個人的な妄想レベルで確たるもののかけらもない仮説なのですが…」と前置きしたうえで、「もしかしたら東アジアの人たちには抗体ができていた(免疫がついていた)?」という仮説が興味深い。
 たしかに、妄想的な仮説かもなんだけど、じつは自然界ではよく似た話がちょい前に話題になったことがあってだな…

 両生類の新興病原体であるカエルツボカビによって、世界中で多くのカエルが死んで、絶滅の危機?という状況になり、この菌が日本に入ってきたら日本のカエルがヤバい!!と危機感を募らせてたのに、一向に日本のカエルたちは死なない。なんでや?と調べてみたら、この国の両生類はすでに“免疫を持ってた”という驚きの事実が判明したのであった。
 なので、その仮説ももしかすると…? 知らんけど。

|

« またまたstay at home day | トップページ | 出たり引っ込んだり。またしてもstay at home day »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« またまたstay at home day | トップページ | 出たり引っ込んだり。またしてもstay at home day »