« stay home day-26 いきなり夏日! | トップページ | stay home day-28 夏日は一段落 »

stay home day-27 さらに夏!

GWなんだかなんなんだか、そして週末? もはや曜日もどうでもいい。
Dsc07009
にゃみ庭のジャスミンはほぼ満開。まだつぼみもたくさんあるけど、たぶん一番きれいなのは今。

Dsc07011
日差しが暑い中、日傘をさして夕方ウラヤマ散歩へ。今あちこちで、特定外来生物・駆除対象の「オオキンケイギク」がつぼみを上げて来てる。見つけたらせっせと抜き去るようにしてるけど、多年草なので、刈ってもダメで、根っこから抜かないと根絶できない(とりあえず刈るだけでも、開花→結実を阻止できるので、多少有効)。
さほど抜きにくい根の張り方ではないのだが、たまにイネ科のナニカと一緒に生えてて、素手で抜こうとするとイネ科の葉のふちのガラス質で手を切る羽目になる… 二日続けて流血(軍手をしろよ、ってハナシ)。

★オオキンケイギクの駆除について(兵庫県)…ココ!

 例年だと、環境学習の意味も込めて、地域で駆除イベントなどがあるようなんだけど、今年はコロナ禍のせいで軒並み中止。代わりに誰かがやらなきゃ。
見分け方はわりと簡単で、へら型で鋸歯(ふちのギザギザ)がない明るい黄緑の葉っぱ。産毛が生えた感じが、形が似たほかの草と違う。まぁ間違えて抜いても、これと同じ場所に生えてる似たやつで絶滅危惧のものはないはず… ちなみに、明るい空き地とか河原とかによく生えてます。
Dsc07012
登山自粛中なので、高台の裏手の登山口付近で景色を眺めてお茶を飲んで帰るのがパターン化してきてるけど、今日はバックパックに投げ込んでいったクリーンカンティーンのボトルの口が開きっぱなし… 侵略的外来種殲滅作戦展開中に、投げ出してたバックパックの中でお茶がこぼれてえらいことに… 間抜けな戦闘員である。

さて、新型コロナウィルス関連情報。
登山界の今後の予測?を編集者の森山氏がブログに書いておられます。
★森山編集所「今シーズンは見たことがないほど登山者が少なくなるかもしれない 」2020年4月29日

 不謹慎とか非難されそうだけど、行きたいな、夏山。
ソロでテント背負って。行先は一般ルートでいいや。
つか、むしろ、せっかく人がいないなら、ふだんは近寄りたくないメジャールートに行くチャンス?(不謹慎や…我ながら。スマン。妄想だから許して。その頃まで、自分自身に遠出する体力(経済的な)が残ってるかどうかもわからん…)

 森山氏も、「人が入らないと山は格段に難しくなる」と書いておられるが、じつは2年前の6月に私も穂高で、なんと!涸沢敗退。。。
極にゃみ的には「装備をナメていた」というより、6月の穂高を知らなくて、氷雪装備を持っていかなかったという失敗。もちろん、チェーンスパイクは持ってたけど、涸沢から上はそんなもので歯が立つような状態じゃなかった。


#休業補償と一律給付で命を守れ
#出歩くな自粛しろは国が補償しろ
#自粛と補償はセットだろ
#補償なしでは自粛無理

|

« stay home day-26 いきなり夏日! | トップページ | stay home day-28 夏日は一段落 »

コメント

私は今日の日曜日からGWですが、引きこもり・・・ 私も夏山に行きたいですよ。たまに裏山には散歩に行きますが、奥にあるキツいK水山には行く勇気が無く・・・ 片付けをしてます(笑)

投稿: F嬢 | 2020年5月 3日 (日) 17:14

やっぱ夏山、行きたいよねぇ…
その頃、どんな状況になってるのか想像もつかないけど。

とりあえずこの連休はひきこもるしかないね!
片付け… 正解だと思います!
気合で(?)「感染しない・感染させない」stay home!がんばろー。

投稿: にゃみ。 | 2020年5月 3日 (日) 17:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« stay home day-26 いきなり夏日! | トップページ | stay home day-28 夏日は一段落 »