« 西へ… 久々の船旅。 | トップページ | 法華院温泉→大船山・北大船山 »

久々の九州上陸!九州横断バスで「くじゅう」へ

船上で快適な朝。瀬戸内航路は波が静かで揺れもなく、よく眠れた。
Dsc05060_20201028094101
美しい海上の夜明けに、絶好の好天の予感…  大分港に6時半過ぎ到着。

Dsc05097
電車で2駅、まずは別府駅へ。極にゃみ的には、『行きたい!企業ミュージアム』のコラム「熱血!起業家列伝」で別府の観光振興に取り組んだ油屋熊八さんの紹介記事を書いたのだが、そのときどうしても写真を使いたかった銅像!に会えた。
Dsc05116
コートの裾に、小鬼ちゃんがくっついてるのがカワイイ。別府の“地獄”のイメージだそう。
Dsc05117
別府から湯布院、くじゅう、阿蘇、黒川を巡って熊本まで運行されている「九州横断バス」でくじゅう登山口へ。このバスが通る路線がとても素敵で、今度は熊本まで乗ってみたい。
Dsc05139
長者原から歩き始めたが、あちこちに7月豪雨の爪痕が… 登山道が崩落していたり、荒れているところが多数。「かなり悪いなぁ」と思いながら登って、林道に出たら「登山道崩壊につき通行止め」って書いてあったり。ええ?今?ここで気づく?
Dsc05149
ミヤマキリシマがいくつか咲いてた。この花が見ごろの頃にまた来たい。
Dsc05173
くじゅう連山は独特の山容で、硫黄山、星生山から久住山にかけては樹林がほぼない。1000m超えから歩き始めたのに、日差しが強くて暑い…
日傘で歩いてたら、「山で!日傘!初めて見たばい!思いつかんかった!よかね!」と珍しがられた。
Dsc05208_20201028094101 Dsc05206
ど平日だけど、久住山はたくさんのハイカーで賑わってた。阿蘇五岳がよく見えた。たぶん、雲仙普賢岳も見えてた。
Dsc05183
稲星山、中岳を巡って、鉾立峠から法華院温泉へ向かうつもりで歩いてたら、前から登ってきた方が「もし法華院温泉へ向かうなら、この先の登山道が通れないらしい」と教えてくれた。中岳の北東斜面が7月豪雨で崩れて通れないらしい。仕方がないので、来た道を戻ることにして、でも直行すると少し時間が早いので、ついでに星生山に登っていくことに。
Dsc05240

久住分かれから東側の尾根を登ったら、岩尾根で楽しかった。
ホントは坊がつるでテン泊してみたいのだけど、寒そうなのと、軽荷で歩きたかったのと、強盗… 使える(スマン)ので、法華院温泉山荘にお泊りすることに。
平日でもそこそこ宿泊者がいたけど、個室利用にしてもらえてありがたかった。法華院温泉山荘もまた、新型コロナウイルス感染予防対策はかなり厳密にされていた。

|

« 西へ… 久々の船旅。 | トップページ | 法華院温泉→大船山・北大船山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西へ… 久々の船旅。 | トップページ | 法華院温泉→大船山・北大船山 »