« 神戸新聞“青空主義”六甲山大学10月度 | トップページ | 秋の六甲山ハイキングツアー ~アートめぐり編~ »

地獄谷→荒地山周辺徘徊→蕎麦呑み

ひょんなことから、“女子会”に混ぜていただいたのである。
Dsc05568
ジョシ3名になぜかヲッサン2名の都合5名。

うち1名は、本日の主催者 madame-Mのお連れ合い、ダンディなmonsieurなので、ヲッサンではないか… んじゃ、ヲッサン、にゃみにゃみ。だけやん!

とりあえず、その5名で地獄谷を詰めたら、、、これまで見たことのないほどの人がいて、ちょっとびっくり。Aケン、万物相方面も混みそうだから避けて、風吹岩へ直登するルートへ。
で、その風吹岩がまたものすごい人で密!密!密!
Dsc05595_20201031203701
速攻でメインルートを外れて、奥高座へ下り、荒地山南西面のマイナーコースへ逃げた。
Dsc05623
プロペラ岩を通って、人の多い山頂はスルーして、“奇岩”を通るマイナールートから芦屋ゲートへ。
Dsc05636
庭木がきれいに紅葉している「むら玄」が本日のゴール、というか目的地。

むら玄と言えば、2007年の早春に有馬のお店に初めて訪れて以来、けっこう好きだったのだけど、いつの間にかあちらはなくなってしまったので、とてもお久しぶり。
到着時、5組待ちだったけど、広々したウェイティングスペースがあってよかった。極にゃみ的には、飲食店で「並ぶ」とかって選択肢はありえないのだが、ココはどうしようもない。
Dsc05642
そば前から始めて、玉子焼きや、“やよいいわし”、蕎麦味噌などをいただきつつ真澄で一献。Dsc05643_20201031203701
〆の盛り蕎麦も美味しゅうございました。 なんか、いろいろお気遣いありがとうございました。

monsieurがハンドルキーパーで(ご夫妻は芦屋ゲートにクルマを仕込んでた)、私はそのまま有馬へ送ってもらった。
Dsc05661
サプライズのお土産までいただいて、まことに恐縮です。
箕面ビールの季節限定、桃バイツェン。箕面方面へ行くと寄ってしまうアノあたりなどでしか飲めない希少なやつ!!うれしい!
 

|

« 神戸新聞“青空主義”六甲山大学10月度 | トップページ | 秋の六甲山ハイキングツアー ~アートめぐり編~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神戸新聞“青空主義”六甲山大学10月度 | トップページ | 秋の六甲山ハイキングツアー ~アートめぐり編~ »