« ノジギクの里と日笠山 | トップページ | 五色塚古墳 »

姫路のB級グルメ

山陽電鉄のお得きっぷを活用して、山電沿線のB級グルメを満喫。
Img00021_20201109073901
神戸三宮-山陽曽根、大塩-神戸三宮はいずれも890円なので、往復するだけでも220円お得になるのだが、三宮-姫路間が乗り放題、途中下車も自由なので、いろいろ楽しめる。

※阪神神戸三宮駅で購入の場合、駅長室かサービスセンターで発売。西元町・高速神戸・新開地・大開・高速長田の各駅は改札口で発売。
Dsc05923_20201109075201
朝、1本早い直通特急に乗れてしまったので、乗換駅の高砂で途中下車して加古川の川べりまでお散歩。
六甲山の西半分の北斜面に降った雨は、志染川、山田川となって箕谷付近から北西へ流れ、つくはら湖に入り、呑吐ダムからさらに北西へ流下して、三木で加古川になる。つまり、この川の水の一部は、六甲山が源流なのである。
Dsc05946
解散後、姫路へ寄り道するという数名の方とご一緒に大塩から特急で姫路駅へ。どろ焼を食べようと思ってたら、ちょうど昼営業が終わる時間で未遂に終わり、御座候のラーメン店で担々麺とジャンボ餃子を食べた。
感染症対策で席はグループごとに一つおき、アクリル板の仕切りを設置。入れ替わるごとにテーブルも備品も消毒されていて、安心感がある。
Dsc05956
ちょっと一服と腹ごなしのため、空いてる電車でお昼寝しながら垂水へ。かねてより一度行ってみたかった五色塚古墳を見学。大阪湾、淡路島、紀伊水道まで見渡せるナイスロケーションで、当時も陸海通運の要衝だったのだろうことがよくわかる。気持ちのいい場所だった。
Dsc05970
も一度姫路へ戻って、軽くイッパイ。「姫路餃子」を食べてみようと、姫路で人気のまるまさが運営する「餃子とおでん ニューマルマサ」へ。チェーン店は基本的に利用しない派なんだけど、ココは地元へのこだわりが強いローカルチェーンみたいなので、許容範囲。
Dsc05971
「突き出し」300円。なかなかボリューミーな野菜スティックと飛子入りのディップ。にんじんは茹でなくていいと思うけど。この一皿で1杯飲める…
Img00245
お目当ての「姫路餃子」。小ぶりの薄皮餃子で、一枚7個。おろし生姜、唐辛子入りのおろし生姜、刻み大葉と薬味が3種、たっぷり。こんな大量のおろし生姜、食べれまへんがな…(食べたけど)
おでんもそうだけど、生姜で食べるのが“姫路流”なのかな。白浜あたりがかつては生姜の産地だったらしい。
Dsc05972
「台湾月見やっこ」。台湾ラーメンのトッピングになる肉みそがたっぷりのせられて、白ネギと薬味ネギと卵黄。
美味しいんだけど、一人で食べるにはものすごいボリュームだった。肉みそも半端ない量で、ほかにも食べてみたいものがいろいろあったのに、この一皿でおなかがはちきれそうに…
Dsc05973
「抹茶割り」。西尾の抹茶を使ったお茶割で、抹茶茶碗で供される。美味しかったけど、茶筅を貸してほしかった。

昨年末にオープンした比較的新しいお店なんだけど、人気店をいくつも運営する会社らしく、スタッフの接客もとてもいいし、いまの段階ではいい循環で回ってる企業さんな気がする。
感染症対策もかなりバッチリで、換気扇がガンガンまわってて、ちょっと寒かったけど、安心感あり。
入り口には自動の非接触検温器と手指消毒剤噴霧器が設置されて、室内が不安なら外席もある(カウンター3or4席?)。
入店したときは先客2組だったけど、間隔もあったし、大声でしゃべる人はいなかったのでよかった。

姫路へ寄り道したほかのみなさんは、「姫路おでん」がお目当てだったみたい。
どこかいい店知らない?って聞かれたのだけど、極にゃみ的には、姫路おでんの店を3軒はしごしたせとうちexcursion「“宝船”クルーズ」最終日のラスト“せとうちバル”やら、播州ロケのあとに寄り道した「灘菊かっぱ亭」くらいしか行ったことがない。山陽姫路駅改札前には観光コンシェルジュがいて(平日いるかは知らんけど)、私たちの会話を聞いてたのか「姫路おでんのお店をお探しですか?」って声をかけてくれてた。おでんマップなどを参考に、ぜひ。明石焼き風たこ焼きも美味しいですよ。

|

« ノジギクの里と日笠山 | トップページ | 五色塚古墳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノジギクの里と日笠山 | トップページ | 五色塚古墳 »