« 幣 隆太朗 コントラバス・リサイタル | トップページ | 夏休みの工作(?)「自作おにやんま君」 »

『PEAKS』No.142(2021年9月号)

PEAKS』No.142 2021年9月号(12日発売)。
Dsc05971_20210814164701
まだ気分的には夏の盛りだけど、暦の上では秋は立っている。今号は少し季節先取り、紅葉山行がメインテーマ。

今号の付録は防水タイプのトートバッグ。色も渋いし、使いやすそう。
極にゃみ的には、「紅葉×テント泊ならこの山!」のパートで関西の2コースを紹介させていただいてます。
また、「秋の山行で危険だった&失敗した話」のコーナーで、ちょいと恥ずかしい道迷いネタを。5年前の秋、アノときのエピソードなんだけど、文字数が少ないので、状況があまりよくわからないかも。要は地図と現地の地形を照合するのを怠っていたら、地図の間違いを見抜けず、ルートアウト。覚悟を決めて強行突破するも、想定外のところへ出てしまったという情けないお話。たまたま一般ルートに出たからよかったけど、延々道のないところを下り続けなきゃいけなかった可能性もあるわけで、そうなってたら、引き返すこともできないし(しても仕方ないし)、完全に現在地ロストでいったいどうしただろう。

今のように電波のない圏外でも使える地図アプリを使ってたらそんなことにはなっていないのだけど。今は紙地図とGPS&地図アプリを併用してるけど、当時はまだそんな感じじゃなかったんだな(極にゃみ的に)。

|

« 幣 隆太朗 コントラバス・リサイタル | トップページ | 夏休みの工作(?)「自作おにやんま君」 »

コメント

この本で来年の秋山の登山を研究します。
今年は夏山のみ!
今、兵庫県もコロナが増えてますし、
先月に白馬岳に行って白馬大池から蓮華温泉に下山中に右足をひねっちゃって・・・ 私の歩き方が悪かったんですけどね(笑) 9月末に秋の立山(雄山)を予定してましたが来年にと考えてます(笑)

投稿: F嬢 | 2021年8月14日 (土) 20:45

F嬢、、、

足首いためたの!?
捻挫かな?


骨折は痛いし、たいへんなんだけど、固定もしてきちんと受診して、おおむね元通りになるものだけど、捻挫は軽くみられがちで、完治しないうちに動いて、くせになったりしがちなので、気をつけてね…
ムリしないのがなにより。

コロナの状況を見てても、9月に安心できるレベルに収まってるとも思えないしね。遠出は来年、って決めるのは正解だと思います。


立山、いいですよー。
じっくり治して、しっかり楽しめるようになってからぜひ!

投稿: にゃみ。 | 2021年8月15日 (日) 08:08

にゃみさん、ありがとうございます。
捻挫でだいぶ歩けるようになりましたが、たまーにピリッと痛い時があります(涙)

今のうちにしっかり治して、来年の夏山と秋山には行きたい!

立山、楽しみです(笑)

投稿: F嬢 | 2021年8月15日 (日) 09:23

F嬢、

早く完治しますように!!

投稿: にゃみ。 | 2021年8月15日 (日) 11:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幣 隆太朗 コントラバス・リサイタル | トップページ | 夏休みの工作(?)「自作おにやんま君」 »