« 『PEAKS』No.142(2021年9月号) | トップページ | トワイライトハイク@菊水山 »

夏休みの工作(?)「自作おにやんま君」

釣り人から広まって、アウトドア人の間で人気の「おにやんま君」。
Dsc05972_20210815105901
アブやハチ除けに絶大な効果があるという。前から作ろうと思ってたのだけど、豪雨ひきこもりの間に作ってみた。

オリジナル商品は人気すぎて、一時はなかなか入手できなかったらしく、自作する人が続出。ちょっとググると作り方は鬼のよーにヒットする。作り方も材料も千差万別で、いろんな作品があるのだけど、ほぼありものの材料でやってみることに。
胴体は黒のプラスチックストロー(たまたまもらったものがあった)、黄色の絶縁テープ、8mmビーズ(これは購入)など。
Dsc05976
クリアファイルをカットして、黒のマジックペンで羽根の模様を描く。
摩擦で消えてしまいそうなので、透明のテープを上から貼る。
Dsc05977
パールグリーンのビーズをワイヤーで本体に留める。
Dsc05979_20210815110301
黒のテープでストローを整形して、黄色のビニールテープで模様を作る。
Dsc05981_20210815110401
安全ピンをつけて、バックパックに吊ってみたけど、どないやろ。このコは2作目で、ちょっと改良版。
Dsc05974
1号プロトタイプ。本家を模倣して作った誰かのやり方を試してみたのだけど、いろいろ改良点が見つかったので、2つ目も作ってみた次第。
プロトはクリップ、2号は安全ピンにして、せっかくなので、両方使ってみる。

オニヤンマは、トンボ目オニヤンマ科オニヤンマ属の昆虫で、日本のトンボでは最大。北海道から西表島までほぼ日本全域に分布し、アブやハチなどを捕食する、昆虫界の食物連鎖の頂点なのだそう。胴体は見るからに危険そうな黄色と黒で、スズメバチですら餌食にする獰猛なハンター。

ニセ者オニヤンマがどの程度虫対策になるのかわかんないけど、本物はアブやハチの天敵だし、「効果があったと思う」と述べている人がたくさんいるので、ある程度の効果はあるのかも。昆虫にどういう風に見えるのかはわかんないけど、お守り代わりに持ってればいいかもしれない。

ちなみに、黄色と黒のまだら模様の「トラロープ」でも効果があるという話もあり。
そんな雑なものでいいのなら、目玉の色とか羽根の模様とかにこだわる必要はないのではないかとも思うけど、まぁモノ作りは楽しいので、自己満足的に凝ってみた。蚊にはまったく効かないらしいのが残念だ。

|

« 『PEAKS』No.142(2021年9月号) | トップページ | トワイライトハイク@菊水山 »

コメント

にゃみ先生!

トンボの羽があまりにもリアルすぎて、、。にゃみ先生は、観察するのがお好きなんですね。
子供の時は、網と虫かごのスタイルで野山を駆け回っていたのになあ、、、

投稿: | 2021年8月15日 (日) 18:59

プロトはお手本が雑だったので、雑なんですが、
二作目は実物写真を見ながら描きました。

でも、アブやハチにはどう見えてるんだろう…
今日、アブに追いかけられましたが…(^^;

投稿: にゃみ。 | 2021年8月15日 (日) 21:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『PEAKS』No.142(2021年9月号) | トップページ | トワイライトハイク@菊水山 »