« 日笠山2 | トップページ | とあるロケ。 »

牛肉を少しだけ我慢しませんかってお話

極にゃみ的には、野菜と穀物だけあれば肉はべつになくていい。
Dsc05446
たまに、餃子や麻婆豆腐を食べるくらい。(写真はいつぞやの麻婆豆腐)
ベジタリアンではないけど、ひき肉料理くらいしか食べられない。そんなヒトが言っても説得力はないと思うけど、肉食(とくに牛肉)をやめる(減らす)と、環境のためになるというお話を。

食養生”の項とか、『食事のせいで、死なないために』でも紹介しているように、肉食はなるべく減らした方が健康にはいい。とくに、牛肉と鶏肉はよろしくない。

それはさておき、本題。
牛肉を生産する=牛を飼育するためには、膨大な量の水と飼料が必要で、牛丼1杯分で水が540リットル(2000リットルという計算もある)、農地約1平方メートルが必要だとか。つまり、牛丼1杯食べるのをやめることにより、それだけの資源を節約できて、温室効果ガスの排出抑制にもつながるということ。
ちなみに、肉類では牛肉が一番効率が悪くて、一番ましなのが鶏肉。

畜産物1㎏を生産するために必要な飼料は、
・牛肉 11㎏
・豚肉 7㎏
・鶏肉 4㎏
・鶏卵 3lg

つまり、飼料の穀物を人が食べられる作物にチェンジすれば、牛肉なら11倍の食料が確保できるということ。飼料作物と同じ効率で食糧が生産できるかはべつの話だけど、その分の農地と労力を人が食べられる食糧生産に充てれば、飢餓の解決に資するということ。(主に途上国で、リッチな国に輸出するための農業が行われ、そして多くの人々がいまだに飢餓に苦しんでいる。グローバリズムの進行とともに富はますます偏在し、富める者と搾取される人々との差が大きくなっている)

ところで、その飼料を生産するために使われている水を「バーチャルウォーター」と呼ぶ。それらもまた食糧生産国にとって負担になっている。
★バーチャルウォーターとは?…ココ!

そして、牛肉を大量生産するために、地球上で一番多くの緑を有するアマゾンで森林破壊が進んでおり、毎秒サッカーグラウンド1つ分の熱帯雨林が、畜産のために伐採されているとか。アメリカ人が牛肉を食べるのを減らせば、森林破壊が止められる、と言う人もいる。

ただ、肥育ホルモンの害などの問題もあって、アメリカでの牛肉消費は減少の一途。ここ40年間で消費量は半分に。経済的に余裕のある人々は、『オーガニック』とか『ホルモンフリー』と表示した安全性の高いものをチョイスしているそうだ。
ちなみに、アメリカで売れなくなったホルモン漬けのビーフがどこへ行ったかというと、日本のマーケット。「牛肉が安くなった!」と喜んで食べている場合ではない。

日本の食文化では、元々肉食はあまり盛んではなかったし、たまに「薬食い」と称して食べる特別なものであったはず。とくに、牛肉はあまり身体によくないと認識されてきているわけで(心疾患の原因となる)、日常的に食べなくていいのでは。
大好きな人は、たまにいただく“ごちそう”として。さほど好きでないなら、豚や鶏など、ほかの肉をなるべくチョイス。
完全に断った方がいいとまでは言わないけど、少し減らす努力くらいはみんなができることではないだろうか。

★環境に悪くても「牛肉」を食べ続けてしまう必然
 肉好きが食べる量を減らすと何が起こるか…ココ!(東洋経済オンライン)

|

« 日笠山2 | トップページ | とあるロケ。 »

コメント

健康のために~を摂ろうというのはOKでも、~を止めようというのは、生産者(肉の場合だと畜産業、精肉業、食品産業、外食産業)の生存権を脅かすことになるので、医師が患者に食習慣の生活指導を行う場合を除き、政府など公的機関は言及しにくいという事情があります。

これとは別に、貴重な食料(米→日本酒、大麦→ビール、小麦→ウイスキー、さつま芋→焼酎、トウモロコシ→バーボン、ブドウ→ワイン)が、カロリーだけで何の栄養素もないアルコールに加工され、呑兵衛の胃袋に流されているのは私を含め酒飲みには耳の痛い話です。
こちらは牧草や大豆かすの様に元々食料に適さない家畜の飼料とは異なり、立派な人間の食べ物であり、飲み水以上に水質が良い清水がふんだんに使われている分、更にたちが悪い悪いと云えるかも知れません。

何れにせよ、肉や酒は常食・常飲するのではなく「嗜好品」として、たまに嗜むくらいが環境(と身体と財布に)に良ろしいでしょう。

投稿: yamaboy_chef | 2021年12月 6日 (月) 13:35

yamaboy_chef殿

たしかに、アルコールもそうですねぇ…

ただ、アメリカの大マーケットのために熱帯雨林が消失しているという問題は、個人の嗜好の領域を超えた話だとは思うのです。業界は絶対認めないだろうし、マーケット縮小に働くことはあり得ないと思いますが。

だからこそ、個々人が「知ること」によって、ほんの少しずつ意識して減らす、が大事なのかなと。

投稿: にゃみ。 | 2021年12月 6日 (月) 18:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日笠山2 | トップページ | とあるロケ。 »