« 和モダン町家カフェ「季のしずく」@高砂市 | トップページ | 能勢のマイナーコース「高代寺山」 »

明石魚の棚「立ち呑み処 たなか屋」

先日、これまで何度も訪れては未遂に終わってたお店にようやく行けた。
Dsc00242
基本的に行列が嫌いで、並んでる店にはまず行かないのだが、そうするとこの店には一生来れない気がして…

開店時刻目指して行ったら、すでに10人くらい並んでたけど、一巡目で入れることは確実だったので、並んでみることに。果たして、17時少し過ぎにシャッターが開いて、ぞろぞろと入店。ちょうど、カウンターの角にもぐりこめた。
気休めながら、隣客との間にはアクリル板の仕切りはある。オープンキッチンなので一応換気はよさそう。
Dsc00247
メニューはけっこう多彩。裏表にびっしり書かれた魅力的なお品書き。
Dsc00245
茎ブロッコリーと海老の炊いたん。明石の地ビール(黒)と。
Dsc00250
いろんなお惣菜がカウンターに並んでる。一応アクリルで仕切りがある…
スタッフは女性3人、みなさんテキパキとたくさんの客を上手にさばいておられた。
Dsc00256
お造りは盛り合わせを。どれもネタがめちゃめちゃ新鮮で、とても美味。
リピしたいけど、次はいつ来れるかなぁ…

★たなか酒店 立ち呑み処 たなか屋
 明石市本町1-1-13(魚の棚商店街の中)
 水・木定休、12:00~14:00、17:00~21:00
 土日祝/12:00~18:00 ※L.O.閉店30分前

|

« 和モダン町家カフェ「季のしずく」@高砂市 | トップページ | 能勢のマイナーコース「高代寺山」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 和モダン町家カフェ「季のしずく」@高砂市 | トップページ | 能勢のマイナーコース「高代寺山」 »