« 京都出町柳「すぐそこインド」 | トップページ | 『歴史と神戸』Vol.60 »

北摂中山

NHK梅田教室第三日曜クラスにて北摂の山へ。年内の講座はこれが最終。
Dsc00540
中山寺からスタート。朝は冷えたけど、よく晴れて風もなくハイキング日和。

Dsc00544
景色もまずまず。











前回、新しく参加された方でちょっと足並みが心配な方がおられて、最高峰はきついかも… と思ったので、リスクヘッジでエスケープができる奥之院参道コースをチョイス。
結果的にその判断は間違ってなかったのだけど…。

想定はしていたけど、なるべくならやりたくない、サポートスタッフと途中から別行動というパターン。皆さまが協力的に行動していただいたおかげで、無事に行程をこなすことができて感謝です。

でも、コレでは今後ちょっとまずいよなぁと思って、ほかの皆さんとかなりペースが違う方々に、ショートハイキングのクラスをお勧めしてみたのだけど… 
お一方は仕事の都合で平日はムリとのこと(勝手にリタイアされてると思い込んでて申し訳ない)。
結果的に、今日の予定コースを歩けてしまったもうお一方は「べつにしんどくなかった。このくらいなら歩けます」と…(え? え…?)。

どーしよーかなー。来月もまー、かなりユルいから、まー行けるか… 
(たまたまだが、先月は超ショート、今月もまぁ緩いコース、来月も決して“登山”ではないユルユル系)

けど、一部の方は、前回と今回の超スローペースに、ご不満を感じていらっしゃる感じ。全体的にはあまり気にされていないようだけど、困ったなぁ。年齢制限とかしてないし、したとしても個人差が大きいからあまり意味はないし。足切りって実際のところ難しいんだよね。

|

« 京都出町柳「すぐそこインド」 | トップページ | 『歴史と神戸』Vol.60 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都出町柳「すぐそこインド」 | トップページ | 『歴史と神戸』Vol.60 »