« 直前仕込み~日々の初め | トップページ | 甲山周辺初詣ハイク~いろいろ。 »

今の現状と、3年間歩いた履歴と。

昨年2月末の人生初骨折事件以降、脚力が落ちたまま戻っていない。
原因はもちろん、「元のように登ってないから」。当然である……

1日2日と、下見とかロケハンの目的を持たずに自分のペースで歩いてみて、現状を確認してみた。きつめのペースで歩いたわけでもなく、ナチュラルに歩けるペースをキープしてみたんだけど、やっぱりかなり歩く力が低下している体感があった。

万歩計アプリを使い始めて3年ちょい。
以来、「ただ歩く」ことが妙に楽しくなって、山に行かない日も、時間さえあれば街中でもガシガシ歩く習慣がついて、数か月で体重がかなり落ちた。
Hosu_20192021
骨折後、歩く量がものすごく減ってた。
しかも、ユルいハイキングレベルだけで、“登山”と言えることはまったくやってない。
でもそれは、じつは骨折以前からだった。

最初の緊急事態宣言のとき、「登山」も自粛していて、その頃は自宅から徒歩圏をものすごく歩くようになった。乗り物に乗るのがちょっと気持ち悪いし、3駅先くらいまでは歩いて行くのがふつうになった。そして、遠方へはなるべく行かなくなった。自粛解除後も、その習慣はあまり変わってない。べつの事情で長い山行もしてなくて、結果的にろくな登山活動をしない状態が続いてたところへ骨折事件。


先日、柑橘系のお方とゆるゆるハイキングのときに、ふと「寒っ」とつぶやいたら、
「えらく寒がりになったね。今日はそんなに寒くないし、前はこれくらいで寒いとか言わなかったよね」と。

 …そういえば、この冬は寒いなぁと思ってた。寒さが身に染みるのは気温が低いせいだと思ってたけど…。
 
体重は変わらないんだけど、筋肉が落ちてるんだ…。元々“霜降り”だったのが、筋が消えて脂身に置き換わってるのかも(怖)。

熱産性に筋肉は非常に重要である。
女性に冷え性の人が多いのは、筋肉量が少ないことが要因のひとつ。
[体積:体表面積]の比率の問題もあって、身体が大きい人よりは、小さい人の方が冷えやすい。
寒冷地に大きな生物が多いのは、体積が大きい方が放熱の比率が少なくて済むから。たとえば、ホッキョクグマと温帯アジアのクロクマ(ツキノワグマとか)のように。

あ、ちなみに……
にゃみにゃみ。、縮んでます…
最近、「ちっさ!」ってよく言われるけど、どうも、以前よりさらに小さくなってる気が。

というワケで、筋肉が減って、さらに身体が縮んだせいで、すっかり「寒がりさん」になったのかも。
これをどうにかするには、も少し真面目に“登山”をやるしかないかな。筋トレは嫌だし(関係ないけど、イソジンかっこわる!)。
今年は少し、無理のない範囲で登山復帰を目指そかなぁ、などと思っている年明けなのであった。

|

« 直前仕込み~日々の初め | トップページ | 甲山周辺初詣ハイク~いろいろ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 直前仕込み~日々の初め | トップページ | 甲山周辺初詣ハイク~いろいろ。 »