« アジサイがまだ…な、ぬかた園地へ。 | トップページ | 「洋食屋K2」 »

玉ねぎ収穫その2

6月7日に収穫した玉ねぎチームの残りを収穫すべく、畑へ。
Dsc07427_20220610220601
16時台に着いたら、まだ絶賛ひなたで暑いので、しばらく木陰で読書。残ってる玉ねぎチームはほぼ倒れてる。

Dsc07428
5月27日に抜かずにおいといたルッコラが絶賛開花ちう。からし菜も開花。時期が合わなかったり、環境が気にくわないと、すぐに花茎を上げて、タネをつけようとする。生存本能おそるべし。
Dsc07431
食用ユリのつぼみがもうすぐ咲きそう… 近々見にこないと。
Dsc07432
玉ねぎチームは残りすべてを収穫。軒下に吊るす仕様で茎ごと持って帰ることに。ただ、しばるのに必要な部分だけあればいいので、10センチくらいでカット。少しでも軽くしたいのと、自宅で生ごみを出したくないのと。

生ごみを集めて燃やすって、二重で無駄だと思う。
堆肥にすればよい肥料になるのに、化石燃料を使って運んで、化石燃料を使って燃やして。
人間が都市部に集中して住むから、分解しきれなくて集めて燃やすしかないわけで。
一次産業をアウトソーシングして、人口集中させるのは、これからはいろいろリスクが高いと思う。
首都圏で大震災が起きたら、東北のようなわけにはいかない。そしてそれはかなり高い確率で近い将来の起きると言われていること。それに対して、被災額の試算はしても、根本的に被害を最小限にするための施策をなにもしてないこの国… 
原発再稼働とかとんでもないし、リニア新幹線もいらない。

土地の生産力に応じた人口密度を維持して、基本的には小さな地域でそれぞれが自給率100%を目指すべきだと思う。
食糧を海外に頼ると、有事の際にたいへんなことになるって、今回でよくわかったと思うんだけど。

|

« アジサイがまだ…な、ぬかた園地へ。 | トップページ | 「洋食屋K2」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アジサイがまだ…な、ぬかた園地へ。 | トップページ | 「洋食屋K2」 »