« ろくわたりの道 | トップページ | 某施設の取材 »

エスプーマ納豆

極にゃみ的定番の納豆の食べ方。
Dsc00967
鬼のよーに(300回以上?)撹拌して、糸をひくどころかエスプーマ状にする。

添付のタレは、どの商品もあまり味が好きじゃないので、使わない。
「酢納豆」がカラダによいそうだけど、味的にあまり好きじゃない。
 …というワケで、いろいろ試した結果、独自の調味にいきついた。
九州の麦みそを少々、ラー油、そして、刻んだ古漬けのぬか漬け野菜。
Dsc00968_20221107091801
定番は、キャベツの芯、玉ねぎ、ショウガなど。その時によるけど、2種類組み合わせることが多い。
千切りキャベツとかをするときに、使わない芯の部分をぬか床に突っ込んでおく。玉ねぎは二つ割で、ショウガは使い残しのかけらとかを入れておく。それらを随時使用する。
Dsc00969_20221107092001
今のところマイブームなラー油は、いただきものの萬珍樓 香辣脆(シャンラーツィ)。納豆に入れるのになかなか具合がよい。
山椒油だったり、オリーブオイルだったり、そのときによっていろいろなんだけど、何しろ油分を少し加えると、スチロール製のパックに粘着するのがきれいにとれて一塊になるので、無駄なく食べられるのも気に入ってる。
で、これを焼きのりで包んで食べるのが極にゃみ的スタイル。

50年以上「あんな腐った豆は食うなんて、関西人の風上にもおけない」と言い続けてきた。ここ数年、ようやく食べられるようにはなったのだけど、素でそのまま食べるほどには好きじゃないので、いろいろと工夫を。

納豆を常食する地域では、高齢女性の骨折率が明らかに低いというデータもあるので、骨粗しょう症に警戒が必要なオトシゴロとしては、毎日食べるべきだと思ってる。

ちなみに、ぬか漬けのすっぱいやつ、腸内フローラを整えるのに重要な「酪酸」が含まれてるので、食べたほうがいい。ぬか漬けは乳酸菌だけじゃなくて、酪酸菌もたっぷりあるので、“腸カツ”的にお役立ちの食材。自家製漬物を毎日食べるようになってから、花粉症がかなりましになった印象がある。(とはいえ、ここ数週間、絶賛秋の花粉症…)

|

« ろくわたりの道 | トップページ | 某施設の取材 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ろくわたりの道 | トップページ | 某施設の取材 »