« 火の国の山旅 霧島連山1(韓国岳) | トップページ | 雨の検診。のち恐怖の帰宅ダッシュ。 »

火の国の山旅二日目(ずっと霧の中@さすがの霧島山)

二日目は、登山口へ行く前に、まずは天孫降臨神話の里へ。
Img_0793
霧島神宮に参拝。神秘的な巨木が点在する深い森に囲まれた、とても良い気が満ちた場所。

だんだん天気が良くなる予報なので、山麓でゆっくりしてる間に晴れるかな?
Img_0808
続いて、霧島神社の“古宮”さまへ。火山噴火により、元々は山の上にあったお社を、高千穂峰の山麓にお移ししたものの、またしても噴火によってさらにお移しして現在のところに鎮座することになったそう。
そのため、高千穂峰の登山口近くに“古宮”さまと呼ばれている旧社地がある。ここがまたとても神秘的な雰囲気のある場所。
Img_0836
そして、元々祀られていた山頂近くの元宮さま。寒かったし、景色もまったく見えなかったんだけど、ココにお詣りできてホントによかったと思う。ずっと霧しか見えてなくて、この山には呼ばれたんだか呼ばれてないんだかよくわかんないんだけど、たぶん「また来い」ってコトだと思うので、また来よう。

|

« 火の国の山旅 霧島連山1(韓国岳) | トップページ | 雨の検診。のち恐怖の帰宅ダッシュ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 火の国の山旅 霧島連山1(韓国岳) | トップページ | 雨の検診。のち恐怖の帰宅ダッシュ。 »