« 雨の検診。のち恐怖の帰宅ダッシュ。 | トップページ | ロケハン@京都方面 »

「がね」「からいもねったぼ」「げたんは」@かごんま

先日の薩摩旅で食して美味しかったもの。
Img_0712
立ち寄った道の駅で売ってたお惣菜「がね」。ふるさとの味、冷めても美味しい。なんやろ…?

「さつまいもと野菜のかき揚げ」らしい。見た目が「がね」(鹿児島弁で「かに」)に似てるからこういう名がついたのだとか。行動食にしたらなかなかよかった。

サツマイモは、薩摩の芋というだけあって、鹿児島県が日本一の産地なんだとか。霧島山を除く県土のほとんどがシラス台地で、水はけのよさがサツマイモ栽培に適していることと、台風が頻繁に襲来するため、農作物が被害を受けやすく、地下茎ならダメージが少ないことから、サツマイモ栽培が盛んという事情もあるらしい。
Img_0711
同じ道の駅で買った「からいも餅」。これもサツマイモを使った食べ物で、つきたての餅にふかした「唐芋(サツマイモ)」を搗き込んで作られるそう。「からいもねったぼ」とも言うそうで、練った感じは確かにする。とろとろで柔らかく、パックを開けたらこぼれそうだったので、一気食いしてしまった。ふつうの餅ほどカロリーはなさそうで(含水率が高い)、あっさりして美味しかった。
Img_0774
お宿の朝ごはんで、デザートにいただいたのが「げたんは」。へんな名前やなぁと思ったら、「下駄の歯」という意味で、黒糖をまぶしたふんわりした焼き菓子が泥で汚れた下駄の歯に似てるからというネーミングなんだとか。なんじゃそれ。けど、外側がサクっとしてて、黒糖がしみしみで、とても美味しかった。
Img_0708
鹿児島空港で出迎えてくれた「かごんまのせごどん(鹿児島の西郷どん)」。

四半世紀ほど前、初めて鹿児島を訪れたとき、エアポートリムジンの運転手さんがまるきり西郷さんみたいなお顔と体型でびっくりしたんだけど、その後もあちらこちらでせごどん系の方をおみかけして、「西郷どんの国に来たなぁ」と思ったことを思い出した。
今の若い人でこんだけ濃い顔の人は少なくなってるかもしれないけど…

それから、今回あちこちで耳にした「かごんま弁」。
すごくイントネーションがやさしくて、かわいらしい言葉だなぁと思った。まったく真似できないけど。
また行きたいなぁ、かごんま。

|

« 雨の検診。のち恐怖の帰宅ダッシュ。 | トップページ | ロケハン@京都方面 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨の検診。のち恐怖の帰宅ダッシュ。 | トップページ | ロケハン@京都方面 »