« フクモナのいちごパフェ2024 | トップページ | 火の国の山旅二日目(ずっと霧の中@さすがの霧島山) »

火の国の山旅 霧島連山1(韓国岳)

火の国の薩摩地方へ。あちこちから噴気を上げてる活火山、霧島山。
Img_0722
不自然な台形なのは、大噴火で山頂が吹き飛んだから?飛行機のジェット音かと思うような噴気。

あいにくのお天気で、ぜんぜん遠くが見えなかったんだけど…。
Img_0727
噴気のすごさとか、硫黄の匂いとか、火山岩の感じとか、火山を体感しつつ登る山旅。初日は、えびの高原から韓国岳へ。あいにくのお天気で山頂からはまったく景色が見えず。
登りの最後の方で、下ってくるKAGAの武藤ガイドとすれ違った。あちらは雨につかまらなかったかも…

4つのプレートがせめぎ合う類稀な地域に存在する島国ニッポンで暮らすということは、地震や火山の影響からは逃げられないということ。恐れと備えを忘れずにいなければと実感する旅となった。
もちろん火山の恵みもいろいろあって、温泉とか、火山のおかげで産する美味しいものとかもたっぷりと堪能。霧島温泉、ええお湯やった。

|

« フクモナのいちごパフェ2024 | トップページ | 火の国の山旅二日目(ずっと霧の中@さすがの霧島山) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フクモナのいちごパフェ2024 | トップページ | 火の国の山旅二日目(ずっと霧の中@さすがの霧島山) »