東お多福山草原保全10周年記念シンポジウム「身近な草原の魅力」

東お多福山草原保全・再生研究会のシンポジウムに参加。
Dsc05274
活動開始から10周年となるこの会、じつはわりと初期の頃から関わらせていただいていた。もう10年になるとのことで驚いた。

※このエントリで解説してます
★2012年春季 東お多福山草原保全・再生活動…ココ!

続きを読む "東お多福山草原保全10周年記念シンポジウム「身近な草原の魅力」"

| | コメント (0)

六甲山専門学校2月度「ダイバーシティ(多様性)と六甲山」

2018年2月度の六甲山専門学校。昨日と引き続きお目にかかる方も多く。
Dsc05226
前回は私がピンチヒッターでお話させていただいたのだが、今回は年間予定通り。岡山大学講師で、“社会参加の専門家”である池谷航介さんによる、多様な人々のアクセスに関するお話。

続きを読む "六甲山専門学校2月度「ダイバーシティ(多様性)と六甲山」"

| | コメント (0)

六甲山大学ミントサロン「六甲山 冬景色から春の目覚めへ」

六甲山大学山麓キャンパスミントサロンへ。
Dsc05206
2012年10月の1回目、 2014年4月の第16回、2014年11月の【秋・冬 六甲山の楽しみ方】に続き、なんと4回目。何度も出てきてすみません。

続きを読む "六甲山大学ミントサロン「六甲山 冬景色から春の目覚めへ」"

| | コメント (2)

神戸新聞「青空主義」六甲山大学2月度&ツアーあれこれ

昨日の朝刊に掲載された記事。
Aozora_18feb
先日コチラのサイトで軽く紹介した「マヤカツ「野宿部」冬のスペシャル・グランピング」の記事です。“野宿部長”が怪しい感じで登場してます。
2月度のミントサロン「六甲山 冬景色から春の目覚めへ」も紹介いただいてます。

続きを読む "神戸新聞「青空主義」六甲山大学2月度&ツアーあれこれ"

| | コメント (0)

MOTOKOTO「摩耶山オーガニック味噌づくり」

雨の土曜日、摩耶山へ。珍しく予定が空いていて、マヤカツに参加。
Dsc05065_2
2015年「天上寺味噌復刻ワークショップ」、2016年「天上寺味噌作りワークショップ」に続いて3回目、MOTOKOTOさん主催の味噌づくりの会へ。今回はオーガニックにこだわった原料を使った、とても贅沢な味噌を仕込んだ。

続きを読む "MOTOKOTO「摩耶山オーガニック味噌づくり」"

| | コメント (0)

2018アイスガーデン2

ちょいと撮影しないといけないスポットがあって、朝から六甲山へ。
Dsc04947
南斜面の芦屋川付近から登って、最高峰へ。すっきりと晴れていい天気。南側斜面は滑り止めなしで登れるコンディション。

続きを読む "2018アイスガーデン2"

| | コメント (0)

金鳥山バリエーション→岡本梅林その2

NHKカルチャー神戸教室水曜ショートハイキングでまたまた岡本の背山へ。
Dsc04713
昨日より、保久良梅林の梅のつぼみが、ちょっとほころんだ。北陸は豪雪でたいへんなことになってるけど、瀬戸内海気候のこのあたりはよく晴れていい天気。

続きを読む "金鳥山バリエーション→岡本梅林その2"

| | コメント (0)

金鳥山バリエーション→岡本梅林

NHKカルチャー西宮「お気軽ショートハイキング」で岡本の背山へ。
Dsc04688
とっても寒かったけど、日差しがしっかりあって、日当たりのいい南斜面だったので、登っていると暑いくらい。

続きを読む "金鳥山バリエーション→岡本梅林"

| | コメント (0)

神戸市消防局月刊誌『雪』2018年2月号

神戸市消防局(神戸市危険物安全協会発行)の月刊誌『雪』2月号が届いた。
Dsc_9231今号は、発刊800号記念。
昭和24年3月に、『雪』の前身である『神戸消防』が発刊。
『雪』と改題されたのは、昭和27年11月号からだそう。職員から題名を募集したところ、白雪、細雪、初雪など、雪に関する題名が多かったとか。消防の記章が雪の結晶に似ているところから、『雪』に決まったそうだ。
800号記念ということで、これまでの主な号が紹介されいて、とても面白い。
表紙も、小磯良平、竹久夢二、川西祐三郎、石阪春生など錚々たる画家たちの作品も多い。


現在の表紙は、イラストレーターの柏木正代さん。今号の作品は、王子公園にある神戸文学館が題材。

続きを読む "神戸市消防局月刊誌『雪』2018年2月号"

| | コメント (0)

“ツヅラヲリ”回収便

先日の“クソ藪漕ぎ”で、お気に入りの山用のジャケットがなくなった。バックパックの一番上に突っ込んでおいたのが、藪で格闘してるうちに何かにひっかかって、はみ出して、最終的に落ちてしまったと思われる。パックの口、ちゃんと縛ってあったはずなんやけど。
Photo
axesquin」の「ツヅラヲリ」というモデル。この冬、山でも街でもずっと愛用している。

続きを読む "“ツヅラヲリ”回収便"

| | コメント (2)

より以前の記事一覧