『全国ゲストハウスガイド』『ゲストハウスに泊まろう♪』

ここ数年、ゲストハウスが人気。少し前に出た本だけど。
Dsc_8678
『全国ゲストハウスガイド』
実業之日本社 刊
2017年7月 初版発行

『ゲストハウスに泊まろう♪』
昭文社 刊
2017年1月 初版発行

いずれも、一部のライティングを担当させていただきました。現地取材ナシのオシゴトですが。

続きを読む "『全国ゲストハウスガイド』『ゲストハウスに泊まろう♪』"

| | コメント (0)

『誰も知らない熊野の遺産』

先月、小辺路を歩いて来られたお二人と一献交わしたとき、さっちゃんにDaremo_kumanoお勧めいただいた本を速攻で購入。なかなか読み進められなかったのを、ようやく読了。すごく面白い本だった。著者は、医師で写真家、熊野のほかにも、東北や九州、八重山など、いろいろなところで古い民俗や信仰の残る村々を取材しておられるとか。本書も、熊野のあちこちを、観光客目線ではなく、人々の暮らしの中に深く踏み込んで見てきたものが綴られている。とてもよい一冊だった。そろそろ体内熊野成分が枯渇してきてるな。熊野に行きたい。

『誰も知らない熊野の遺産』 
栂嶺レイ 著
ちくま新書 刊
2017年8月 初版発行

★宇江敏勝氏の書評(東京新聞)…ココ!

続きを読む "『誰も知らない熊野の遺産』"

| | コメント (0)

『会社人間だった父と偽装請負だった僕』

数か月前に読了した本なんだけど…
Giso_ukeoi一流銀行のえらいさんで、いわゆる“エリートサラリーマン”だった父、学生時代に駆け落ちして親元を離れ、さまざまな職業遍歴をしてきた著者。“会社人間”だった父と、対照的に生きてきた自分を比べながら綴ったエッセイ。
小さな信金の営業や、トラックの運転手、さらには風俗業界まで、エリートの対極のような仕事がリアルに描かれている。

『会社人間だった父と偽装請負だった僕』
赤澤竜也 著
ダイヤモンド社 刊
2009年1月 初版発行

現在は週刊誌の記者だそうだが…

続きを読む "『会社人間だった父と偽装請負だった僕』"

| | コメント (0)

『木を植えた男』

先日来、ミナトに来た樹のこととか、『大きな木の根っこ (根っこのえほん)』とか、Asunaro_kiwoここんとこなんだか樹木にまつわるネタが多いのだけど…
 例の、富山県氷見市からメリケンパークに連れて来られた、樹齢150年と言われているアスナロさんを巡るtweetの中で、この本の存在を知った(カモ鳥さんありがとう)。

帯から、
「フランスの山岳地帯にただ一人とどまり、荒れはてた地を緑の森によみがえらせたエルゼアール・ブフィエの半生」という作品。

『木を植えた男』
原作 ジャン・ジオノ
絵 フレデリック・バック
2015年10月 「あすなろセレクション」にて復刊版発行
※初版はあすなろ書房 より1989年12月発行

続きを読む "『木を植えた男』"

| | コメント (2)

『ランドネ』2018年1月号

『ランドネ』2018年1月号が22日に発売されます。
Dsc01818_2特集は、「古都ハイキング」。
京都、鎌倉、奈良をご紹介。
おすすめコースや立ち寄りスポットも満載、お土産なども網羅されてます。極にゃみ的には、奈良のお土産ページを担当。

オマケについてくるのが、スマホ対応の手袋。薄手で、色も可愛いです。

続きを読む "『ランドネ』2018年1月号"

| | コメント (2)

『大きな木の根っこ (根っこのえほん)』

樹と言えば。ミナトに来た樹の根っこが心配。
高さ30mの樹は、それなりに根を張ってたはず。それが、あんなに小さなところに押し込められて。しかも、元は富山の山中に生えていたものを、まったく気候も環境も異なる神戸の海辺に連れてこられて、大丈夫なのかな。

それはさておき、先日参加した「森林林業フォーラム2017」で、午後の基調講演をされた平野が書かれた絵本をご紹介。
樹木の根っこについて、絵本で解説した一冊。
Nekko5なかなか凝った作りで、ふつうは見えない樹木の根っこのことがよくわかって面白い。

『大きな木の根っこ (根っこのえほん)』
平野 恭弘 著
中野 明正 編
根研究学会 協力
小泉 光久 文
鶴田 陽子 絵
大月書店 刊
2017年2月 初版発行

※『根っこのえほん』シリーズ全5巻のうちの第5巻

続きを読む "『大きな木の根っこ (根っこのえほん)』"

| | コメント (0)

『〔白川静の絵本〕サイのものがたり』

フクモナのマルシェ「福市」で書家・中川麻希子さんの作品展を見た。
Dsc00814
ワークショップに参加して、古代文字と消しゴムはんこのカードを作った。
Dsc_8266
左下がにゃみ作品。右は作家のポストカードと、上は作家が即興で書いてくれた「山」。鳥が添えられているので、「島」でもある。

続きを読む "『〔白川静の絵本〕サイのものがたり』"

| | コメント (0)

別冊山と渓谷『関西ハイキング2018』

今年も、『関西ハイキング』が発行された。
Kanhai_2018今号の特集は「六甲山に行こう!」。
お勧めコースガイド、山麓の立ち寄りスポットなども併せて紹介。カフェに力が入ってる感じ。

続きを読む "別冊山と渓谷『関西ハイキング2018』"

| | コメント (0)

『山と溪谷』2017年11月号

10月13日発売なので今更感がありますが、ヤマケイ11月号。
Yamakei201711「西の六甲山、東の高尾山」と言われる両山を詳細に紹介。

続きを読む "『山と溪谷』2017年11月号"

| | コメント (2)

ハイキングTOKK 2017秋号

阪急電鉄の広報誌、TOKK別冊「ハイキングTOKK 2017秋号」。
Ht2017a
駅への配置が始まったようです。わりとすぐなくなるので、お入用の方はお早めにGETしてくださいね。今回は、再度山、太閤道、雨森山の3コース。表紙は布引の五本松堰堤です。詳細後日。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧