「平民金子対naddist」(4月20日)

去る4月20日。水道筋商店街の一画、灘中央筋商店街の西灘文化会館にて。
Dsc09472
灘区限定ヒーロー(?)naddistさん、“兵庫区東出町の魯山人”平民金子さんの対決。

続きを読む "「平民金子対naddist」(4月20日)"

| | コメント (0)

『典獄と934人のメロス』

隆祥館書店のイベントのときに見かけて、タイトルに惹かれた一冊。
Tengoku934_227年間刑務官を務め、刑務所関係の著書をたくさん執筆しておられる著者。新人の頃、「関東大震災の折、横浜刑務所は囚人解放を行い、帝都一帯を大混乱に陥れた」という話を聞いた。ところが、後に横浜刑務所で所長から「震災のとき囚人たちが救援物資の荷揚げに懸命に当たった」という話を聞く。相反する話が伝わっているのを不思議に思って、何か隠された理由があるのではないかと調べ始めたのが本書を書くきっかけになったのだとか。

『獄と934人のメロス』
坂本 敏夫 著
講談社 刊
2015年12月 初版発行

続きを読む "『典獄と934人のメロス』"

| | コメント (0)

『水曜日の凱歌』

ずいぶん前から読もうとしていてなかなか読了できなかった一冊。
Suiyobi_gaika_2
『水曜日の凱歌』
乃南アサ 著
新潮社 刊
2015年7月 初版発行
「27年度芸術選奨文部科学大臣賞」受賞

度重なる空襲を受け、すっかり焼け野が原になった東京。
1931年8月15日生まれ、終戦の日(水曜日だったらしい)に14歳の誕生日を迎えた女の子を主人公に、終戦から始まった“女たちの戦い”を描いた作品。

続きを読む "『水曜日の凱歌』"

| | コメント (0)

『PEAKS No.112』2019年3月号

2月15日発行のものなのだが… 見本誌が送られてこず、見てなかった。
Peaks__1122週間待って、ちと催促をしてみたら、手違いで未発送になってたとか。早く言えばよかった、すみません。

1本集中の特集は「登山に関わる、いま気になる人に話を聞いてみました! 登山者図鑑」と題して、登山界にいろんな形で関わっている人を直撃した内容。

クライマーでは、山野井泰史さん、花谷泰広さん、中島健郎さん。昭文社「山と高原地図」アプリディレクターの野田正さん、ヤマレコの的場一峰さん、ヤマップの春山慶彦さん、漫画家の信濃川日出雄さん(「山と食欲と私」作者)、しろさん(「ヤマノススメ」作者)、NHKで「ザ・グレートトラバース」などの番組を担当しているチーフプロデューサーの国沢五月さんなど、計23組が登場。
極にゃみ的には、モンベル会長で『岳人』編集長の辰野勇さんのインタビューを担当させていただきました。

続きを読む "『PEAKS No.112』2019年3月号"

| | コメント (0)

PEAKSアーカイブ『山旅ベストルート』

『PEAKS』編集部セレクト、いろんなシーン別のお勧めルート集。
Img00075タイトルに“アーカイブ”とあるように、過去の特集などから再編集したもので、「一度は行きたい槍剱ルート」「北アルプス王道ルート」「週末山行プラン向きルート」など、プランニングに役立ちそうな一冊。なんと全150ルートも掲載されています。
極楽温泉を目指すルートや雪山チャレンジルートといった切り口もあり、さらに「忘れちゃいけない西日本」というコーナーも。極にゃみ的には、あちらこちらにちょこちょこ登場しますが、今回書下ろしはなし、すべて過去記事からの流用です。けど、こういうまとめ本が出ると、バックナンバーを思い切って処分できていいかも…。

PEAKSアーカイブ『山旅ベストルート』
エイ出版 ピークス編集部 刊
2019年2月26日 発行
1296円

| | コメント (0)

隆祥館書店「仲野徹先生による 健康のためのト-クイベント」

たびたび興味深いトークイベントを開催される谷六の隆祥館書店へ。
Img00001
ココの本の品揃えはホントにすごくて、小さな店内には読みたい本がいっぱい。こんなにワクワクする書店は珍しいのだ。

続きを読む "隆祥館書店「仲野徹先生による 健康のためのト-クイベント」"

| | コメント (0)

『「糞土思想」が地球を救う 葉っぱのぐそをはじめよう』

2011年に読んだ『くう・ねる・のぐそ』の作者の著書をまた読んでみた。
Happa_noguso昨年1月に刊行されたもので、より踏み込んだ内容となっている。「のぐそに使える植物図鑑」としても役立つ(?)内容。
“のぐそ”は、適した場所であれば“したほうがよい”が、ティッシュは土壌中でなかなか分解しないので、使うなら持ち帰らなければならない。それは知ってたけど、そのハードルの高さを解決してくれる(?)のが本書だ。

『「糞土思想」が地球を救う 葉っぱのぐそをはじめよう』
伊沢 正名 著
山と渓谷社 刊
初版発行 2017年1月

続きを読む "『「糞土思想」が地球を救う 葉っぱのぐそをはじめよう』"

| | コメント (0)

『雪と氷の図鑑』

諸事情で先日来ちょっと雪や氷のお勉強をしてて、手にした一冊。Yukitokoori
読んだというより、眺めただけだけど、とても写真が美しい。

『雪と氷の図鑑』
武田康男 文・写真
草思社 刊
2016年10月 初版発行

続きを読む "『雪と氷の図鑑』"

| | コメント (0)

絵本『さらじいさん』と古伊万里の皿

先日、原画展でgetしてきた絵本。
Dsc04550_2_2骨董品の皿におやつを乗せて、食べようとした女の子が、皿の中の世界に入り込んで…という不思議な物語。

『さらじいさん』
はせがわはっち 作・絵
ブロンズ新社 刊
2017年3月 初版発行

続きを読む "絵本『さらじいさん』と古伊万里の皿"

| | コメント (0)

『ランドネ』 No.104 (2019年3月号)

ランドネ』3月号が発行されています。
Randnee_2今号の特集は「電車で行ける週末旅」。
巻頭は、特急列車「ゆふいんの森」で行く由布岳。そのほか、関東・関西の電車で行けるお勧めのコースをご紹介。極にゃみ的には、関西編の五山、京都東山(伏見稲荷周辺)、大和三山、二上山、高御座山、小野アルプスの5コース6ページを担当。この時期にお勧めの山です。お立ち寄り処として、コース付近の美味しいお店も併せて紹介してます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧