PEAKSアーカイブ『テント泊の山登り』

「テント泊の山登り」は雑誌『PEAKS』のメインテーマ。
Tent_yama 過去記事からテント泊に関する内容を厳選してピックアップ、改めて編集しなおしたアーカイブムックシリーズの最新刊。テント泊山行に必要な道具類、ノウハウ、テント泊に適したコースや、魅惑的なテント場の紹介など、テント泊での登山をやってみたい人に必要な情報がしっかりと網羅されている。

PEAKSアーカイブ『テント泊の山登り』
2020年3月26日発売

続きを読む "PEAKSアーカイブ『テント泊の山登り』"

| | コメント (0)

「味覚力」鍛えます?

このテのタイトルは好きじゃないのだけど…
Mrzpkkfvjpeg 新書にはこういう煽り系のタイトルのつけかた、多いよな。著者が自分でつけたのではないと思うのだけど…(知らんけど)
それはさておき、「味覚力」とは気になるワードではある。
「味覚」の「力」?


『「味覚力」を鍛えれば病気にならない』
鈴木隆一 著
講談社 刊
2013年2月 初版発行

続きを読む "「味覚力」鍛えます?"

| | コメント (0)

『PEAKS No.124』2020年3月号

先月号に引き続き、一部記事を担当させていただいてます。
Peaks124今号は「日本全国アウトドアショップ名鑑」と題し、各地の登山用品店を一挙紹介。極にゃみ的には、近畿エリア、中国四国エリアをまとめました。よく知ってるアノお店コノお店も、それから今回初めて知ったお店も。近畿16店、中国四国で10店。どのジャンルに強いお店なのかのチャートも掲載してます。ご参考に。

| | コメント (0)

『山と渓谷』2020年3月号

ヤマケイ3月号、明日発売。
Yamakei_202003今号は、第一特集が「弱点克服! 登れる“カラダ”をつくる」、第二特集は「海を眺めて歩く日帰りハイキング旅」。

続きを読む "『山と渓谷』2020年3月号"

| | コメント (0)

リトルプレス「スパイスジャーナル」

スパイスジャーナル」というリトルプレス系の小冊子。
Wrvp1kpajpegどこで入手したんだっけか… なんだけど、ちょうどタイムリーな特集。
ちょい前のエントリ「#マスク する?」でも書いたけど、ウィルス対策としては免疫力を高めることがけっこう重要。
本書に書かれている「風邪と戦うスパイス料理」も、スパイスの薬効で免疫アップを図るというもので、出版されたのは2011年と大昔なのだが、ちょい前に入手して積ん読してたのを思い出した(積ん読がじつはえらいことになっている)。


続きを読む "リトルプレス「スパイスジャーナル」"

| | コメント (2)

『行きたい!企業ミュージアム』

全国の主要な企業ミュージアムを紹介するムック本。
Kigyo_museam企業ミュージアムは、それぞれの企業がいろいろなスタイルで運営しており、見せ方も内容も本当に多様で面白い。無料でも非常に内容が充実しているところも多く、有料であっても、お得感のある施設が多い。見学に事前予約が必要なところもあるが、そのあたりの情報も網羅している。

『行きたい!企業ミュージアム』
イカロス出版 刊
2019年12月18日 初版発行

続きを読む "『行きたい!企業ミュージアム』"

| | コメント (0)

『女たちのテロル』

ブレイディみかこさんの本をもう一冊。
Mikako2 100年前、日本で、イングランドで、アイルランドで、過激な闘いに人生を投じた女性たちがいた。
“アナキスト”の金子文子、女性参政権獲得の為に闘った“サフラジェット”のエミリー・デイヴィソン、アイルランド独立を目指したイースター蜂起に参加し、銃をとったスコットランド人の凄腕スナイパー、マーガレット・スキニダー。強大なる権力や権威が、暴力的に民衆を押さえつけていた時代に、それぞれの立場で果敢に抗った“生きざま”をスカッとする筆致で描いた話題作。『僕はイエローでホワイトでちょっとブルー』もそうだが、ポップでロックなタッチがとてもいい感じだった。

『女たちのテロル』
ブレイディみかこ 著
岩波書店 刊
2019年5月 初版発行

続きを読む "『女たちのテロル』"

| | コメント (0)

『僕はイエローでホワイトでちょっとブルー』

ずっと気になってて、うちの別邸書庫で手配したけど当分順番が回ってこなさそうなので、書店で待ち合わせをしたときについ買ってしまった本。
Bywtbイギリスのブライトンという町で、イギリス人の配偶者と暮らしている著者の一人息子が、カトリック系の名門小学校から、“元底辺中学校”へ進学したことによって経験したいろいろなこと、が綴られている。イギリスは“思った以上の格差社会”で、人種差別や偏見によるトラブルも少なくないとか。そんな中で、ホワイトとイエローの血を引く息子くんが、ちょっとブルーになることとは… ポップで、ちょっとロックなタッチで描かれる息子くんの奮闘ぶりはとても面白かった。発売から約1か月で5刷36000部を売り上げたというベストセラーになったというのも頷ける面白い一冊。

『僕はイエローでホワイトでちょっとブルー』
ブレイディみかこ 著
新潮社 刊
2019年6月20日 初版一刷発行

続きを読む "『僕はイエローでホワイトでちょっとブルー』"

| | コメント (0)

『PEAKS No.123』2020年2月号

明日発売です。今号は、第一特集が日本全国の島旅トレッキング。
Img00214島旅、行きたいなぁ… 
瓢箪山ミーティングでご一緒させてもらったイワシ君の台湾ルポがすごく面白かった。

そして第二特集が日帰りの雪山。
極にゃみ的には、このパートの関西エリアを担当させていただきました。今年は関西の低山は雪がないかもだけどねぇ…

続きを読む "『PEAKS No.123』2020年2月号"

| | コメント (0)

青山ゆみこ『ほんのちょっと当事者』発刊記念ト-クイベント

午後に時間が取れそうだったので、隆祥館書店のイベントへ。
Img_20191221_171100_039
行きたいと思いつつ、スケジュールが確定できなくて予約せずに見送ってたのだが、朝再びお知らせメールがきたので、空きがあるのかも… と問い合わせたら行けるということで急遽申し込み。

続きを読む "青山ゆみこ『ほんのちょっと当事者』発刊記念ト-クイベント"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧