夏は大雪渓の登山口として賑わう猿倉荘も、深い雪に埋もれてひっそりと眠っていた。